空き家管理・活用・相続のご相談
フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

閉じる ×

空き家を自分で管理する方法

管理/活用のご相談

フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

メール相談メール相談 対応エリアはこちら

お申し込み

管理申し込み管理申し込み

資料請求

資料請求資料請求

よくあるご相談

建物は人が住んでいない状態で放置すると、急速に傷んでいってしまいます。
更に景観や衛生面の悪化によってご近所へ迷惑をかけてしまい、トラブルに繋がる可能性もあります。
こうしたことを防ぐためには、適正に管理をすることが大切です。

関連

空き家管理を行う目的は、大きく2つあります。

1. 建物の老朽化の進行を遅らせる事

建物を長期間使用することなく締め切っていると、建物内に湿気がこもってしまい、急速に老朽化が進行してしまいます。定期的に換気を行い、屋内にこもっている湿気を逃がす必要があります。

建物の老朽化の進行を遅らせる事

2. 雨漏りなどの早期発見

定期的に建物の状態を確認することで、「雨漏り」や「外壁の剥がれ」「軒裏の破損」などの建物の異常を早い段階で発見することができます。特に雨漏りは発見が遅れると建物の耐久性に大きな影響がありますので、十分に注意しましょう。
また、「外壁の剥がれ」「軒裏の破損」などはそのまま放置しておくと、通行人に怪我をさせてしまうなどトラブルの原因になる可能性もあります。見つけた場合は早めに対処するようにしてください。

雨漏りなどの早期発見

空き家を適正に管理することは所有者の義務として法律にも定められています。
定期的に管理を行い、しっかりと「空き家の状態の把握」と「維持」をできるよう心がけましょう。
このページでは、自分たちで空き家を管理する際に、空き家管理の流れや、事前に準備するもの、点検を行う際に気をつけていただきたい点を説明します。

空き家管理の流れ

空き家に関するお悩み、お困りごとなら
空き家相談窓口へ
お気軽にご相談ください
空き家に関するお悩み、お困りごとなら
空き家相談窓口へ
お気軽にご相談ください

対応エリア

【管理サービス】【活用相談】対応エリアを全国に拡大中!【管理サービス】【活用相談】対応エリアを全国に拡大中!

現在、全国394市区町村に対応
(2017年11月24日時点)

詳しく見る

公式ソーシャルメディア

  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube

先頭へ戻る
先頭へ戻る