空き家管理・活用・相続のご相談
フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

閉じる ×

空き家・空地の活用パターン

管理/活用のご相談

フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

メール相談メール相談 対応エリアはこちら

お申し込み

管理申し込み管理申し込み

資料請求

資料請求資料請求

よくあるご相談

所有している空き家・空地でお悩みではありませんか?

空き家や空地を所有している方から、『どうにかしたいと思うけど、何から手をつけたら良いか分からない』、『どの活用方法が自分に適切なのかがわからない』、『こんな活用をしたいけど、どうすればよいの?』など、お悩みを抱えた方から、多くご相談を頂きます。

まずは、どのような活用パターンがあるのか、それぞれのメリットやデメリット、特徴などを知ることが大切です。
このページでは、空き家・空地を活用して、どのようなことができるのかをご紹介します。

【空き家】活用パターン

空き家には、大きく分けて「売却」「賃貸(リフォーム)」「借り上げ」「解体」の4つの活用パターンがあります。それぞれ、特徴やメリット・デメリットがありますので、所有される空き家の状態、将来的にどうしたいかをイメージすることが大切です。また、いつまでにどうするか、という期限を決めて行動することも、空き家の活用ではポイントとなります。

【空地】活用パターン

空地の活用パターンは、そのまま「売却」する方法や、初期費用があまりかからず手軽にできる「駐車場」や「自動販売機設置」、土地の「賃貸」などがあります。その他、「農園」として人に貸したり、事業用として「太陽光発電の設置」や「事業用の土地」の賃貸などがあります。

ポイント
活用方法について相談する専門家も、利活用を成功させる重要な要素になります。空き家・空地の活用について豊富な実績やノウハウがあるか、担当者の人柄は信頼できるかどうか、などから、自分に合った団体・企業を選ぶようにしましょう。
空き家に関するお悩み、お困りごとなら
空き家相談窓口へ
お気軽にご相談ください

フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

無料相談無料相談 【受付時間】9時~17時

空き家に関するお悩み、お困りごとなら
空き家相談窓口へ
お気軽にご相談ください

フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

無料相談無料相談 【受付時間】9時~17時

先頭へ戻る
先頭へ戻る