空き家管理・活用・相続のご相談
フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

閉じる ×

放置空き家がもたらす被害

管理/活用のご相談

フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

メール相談メール相談 対応エリアはこちら

お申し込み

管理申し込み管理申し込み

資料請求

資料請求資料請求

よくあるご相談

2つの空き家問題 親が自宅を所有している

遠方に住んでいると、定期的に管理を行えない場合もありますが、適切に管理されずに、空き家を放置してしまっている場合、周囲にどのような被害をもたらしてしまうのでしょうか。
このページでは、空き家を放置してしまった場合に起こりうる危険性と、損害の賠償について説明します。

老朽化による倒壊

地震、風、台風による倒壊

なぜ老朽化した空き家の倒壊の危険性が社会問題となっているのでしょうか。それは、日本の家が主に木で造られていることが要因です。木で造られた家は定期的な換気や適切な管理を行わないと、弱くなってき、構造材としての役目を果たすことができなくなってしまい、小さな地震や台風でも倒壊する建物が出ています。

もっと見る

景観の悪化

景観の悪化(草木が伸びた状態、落書き)

空き家の倒壊の危険性と合わせて、その空き家・空地が周辺環境に大きな悪影響を及ぼす景観の問題もあります。どのように管理すれば治安の悪化や景観破壊の原因とならずに済むのでしょうか。それは「外観を綺麗に保つ」ことにあります。

もっと見る

放火による火災

火事

日本全国の総出火件数は44,102件(平成24年1月~12月)で、原因の1位は「放火」となっています。空き家は人の目がなく、燃えやすい枯草、ゴミ、紙ゴミなどが散乱していることが多いため、不審者による放火の可能性が高くなってしまいます。

もっと見る

不審者による治安悪化

不審者(動物)の侵入

不審者が狙っているのは「誰も来る可能性がない家」です。さらに、家の中に家財道具や布団などが揃っている住宅も標的になる可能性が高くなります。つまり、空き家管理をしっかり行っていれば、被害に遭う可能性も低くなります。

もっと見る

雪の重みによる倒壊や落雪

雪の重みによる倒壊や落雪

雪の重みで建物が倒壊しないように処理することと、人に被害が起きてしまわないよう、落雪や倒木に注意しなければなりません。また、積雪は時間が経つにつれ、重みも増してくるので、早めの雪下ろしを行う必要があります。

もっと見る

空き家がもたらす損害の賠償

空き家がもたらす損害は所有者が賠償責任を負わされる可能性があります。
損害賠償額が数千万円から数億円と非常に高額になるケースも想定されるので、空き家・空地の所有者は、他人に危険を及ぼさないよう、しっかりと管理を行う必要があります。

(例)倒壊による隣地家屋の全壊と夫婦、8歳の女児死亡事故の場合(想定)

<試算の前提とした被害モデル>

放置空き家がもたらす被害 ○所在地 :東京都(郊外)
○敷地面積:165㎡(50坪)
○延べ床面積:83㎡(25坪)
○建築時期:平成4年(築後20年)
○居住世帯:世帯主:40歳、年収600万円
      妻  :36歳主婦
      子供 :8歳の女児(小学校3年生)

  損害区分 損害額(万円)
 物件損害等 住宅 900
家財 280
倒壊家屋の解体・処分 320
小計① 1,500
人身損害 死亡逸失利益 11,740
慰謝料 7,100
葬儀費用 520
小計② 19,360
合 計①+② 20,860

【試算方法】

  • 物件損害は、国税庁の指示文書「東日本大震災に係る雑損控除の適用における(損出額の合理的な計算方法について)」(平成23年4月27日)や環境省の「廃棄物処理費用の算定基準、倒壊家屋等の解体工事の算定基準」(平成23年8月19日)、「建設施工単価(H24年1月)」((一財)経済調査会)等に基づき、独自に試算
  • 人身損害は、「交通事故損害算定基準ー実務運用と解説ー(平成24年2月23日改訂)」((財)日弁連交通事故相談センター)等に基づき、独自に試算


(例)11歳の男児(小学6年生)死亡事故の場合(想定)

<試算の前提とした被害モデル>

放置空き家がもたらす被害

  損害区分 損害額(万円)
人身損害 死亡逸失利益 3,400
慰謝料 2,100
葬儀費用 130
合計 5,630

【試算方法】

  • 「交通事故損害算定基準-実務運用と解説-(平成24年2月23日改訂)」((財)日弁連交通事故相談センター)等に基づき、独自に試算


試算:(公社)日本住宅総合センター

先頭へ戻る
先頭へ戻る