空き家の管理・活用・相続のご相談
フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

閉じる ×

不審者による治安悪化

管理/活用のご相談

フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

メール相談メール相談 対応エリアはこちら

お申し込み

管理申し込み管理申し込み

資料請求

資料請求資料請求

よくあるご相談

不審者(動物)の侵入

所有者が遠方に住んでいて、建物の中には所有者の私物がおいてあるようなき空き家は不審者が侵入し、そのまま寝泊りしているという事例も報告されています。玄関のドアはしっかりと施錠されていても、窓や勝手口が壊れている、または壊されてしまい、そのままにしていると衛生管理や犯罪の懸念も出てきます。さらに怖いのが、放火による火災や小さい子を連れ込んでのいたずらなどのケースもあります。

また、人の侵入だけでなく、ネズミや猫、イタチなどが住み着いてしまうケースも頻発し、家の中をめちゃくちゃに荒らしまわってしまうため、その後の家としての利用が困難になり、建物の資産価値が落ちてしまうこともあります。このページでは不審者や害獣を撃退する適切な空家・空地の管理方法をご紹介します。

不審者に狙われやすい空き家や空地とは?

不審者が狙っているのは「誰も来る可能性がない家」です。そのような家であれば、長期間安定して住むことができるためです。さらに、家の中に家財道具や布団などが揃っている住宅も標的になる可能性が高くなります。言い換えれば、空き家管理をしっかり行っていれば、被害に遭う可能性も低くなります。

狙われやすい空き家の状態

  • 出入口等の開口部の施錠がされていなく、誰でも容易に進入できる
  • フェンス等で周囲が取り囲まれていない、又は、壊れてしまっている
  • 特に夜間、建物周辺に照明がなく暗い
  • 空地や庭に雑草や草木が生い茂り、建物内の見通しが悪い(侵入しても気づかれにくい)
  • 人が建物に通っている様子がない

不審者の侵入を防ぐ適切な空き家の管理方法とは?

不審者を遠ざけるのは「人の気配」です。例えば家の様子が少し前と変わっている、ポストの中が綺麗になっている、除草がされている、など、小さい変化も不審者は敏感に感じ取ってくれます。そのため、誰かが定期的に管理作業を行っている、というだけで不審者は嫌がります。

また、害獣の撃退はエサとなるようなものを置かない、放置しない、といった対処が必要です。害獣対策は早期発見が重要です。もし、害獣の被害があった場合は迅速に対処するようにしましょう。

月100円~の空き家・空地の巡回管理をいたします

空き家の火災保険

不審者の侵入を防ぐ最も効果的な方法。それは、「この建物は管理している人がいます」と看板を立てることです。それだけで、不審者は侵入を諦める可能性は飛躍的に高まります。当センターがご提供するサービスでは、「100円管理」も含めて、全ての物件に当センターの管理看板を設置致します。管理者を明確にすることで、トラブルを未然に防ぐ効果が期待できます。

管理サービス内容を見る

空き家に関するお悩み、お困りごとなら
空き家相談窓口へ
お気軽にご相談ください
空き家に関するお悩み、お困りごとなら
空き家相談窓口へ
お気軽にご相談ください

対応エリア

【管理サービス】【活用相談】対応エリアを全国に拡大中!【管理サービス】【活用相談】対応エリアを全国に拡大中!

現在、全国383市区町村に対応
(2018年7月19日時点)

詳しく見る

公式ソーシャルメディア

  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube

先頭へ戻る
先頭へ戻る