空き家管理・活用・相続のご相談
フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

閉じる ×

なぜ空き家が問題となっているの?

空き家が地域で問題視される1つ目の理由は、空き家が増えているということです。2013年の総務省調査によると全国の空き家数は約820万戸、全住宅の7戸に1戸が空き家という状況になっており、問題になっているのが「その他」の空き家(2013年時点で318万戸)で、売りにも、貸しにも出しておらず、定期的な利用がされていない空き家です。その他の空き家が問題となってしまうのは、他の空き家に比べて放置されがちで、管理する動機が弱いことが要因となっています。

2つ目の理由は、空き家所有者自身が高齢のため、適切な管理を定期的に行えなかったり、思い入れのある相続した実家を簡単に売却するなどの活用ができないことが要因です。また、活用したいと思っていても、相続や法律、税の問題を抱えている場合も多く存在するためです。

増え続ける空き家~2つの空き家問題~を見る

空き家に関するお悩み、お困りごとなら
空き家相談窓口へ
お気軽にご相談ください
管理/活用のご相談

フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

メール相談メール相談 対応エリアはこちら

お申し込み

管理申し込み管理申し込み

資料請求

資料請求資料請求

よくあるご相談

先頭へ戻る
先頭へ戻る