空き家管理・活用・相続のご相談
フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

閉じる ×

3. 敷地内清掃/建物外部の確認

管理/活用のご相談

フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

メール相談メール相談 対応エリアはこちら

お申し込み

管理申し込み管理申し込み

資料請求

資料請求資料請求

よくあるご相談

関連

1. ポストの清掃

換気をしている間に敷地内の作業を行いましょう。先ずはポストのチェックです。
チラシなどが溜まっていると一目で空き家だとわかってしまいます。また、いたずらや放火のターゲットになってしまう危険性がありますので不要なチラシや新聞は持ち帰って処分するようにしましょう。

ポストの清掃
チェックポイント

チェックポイント

  • チラシは持ち帰って処分しましょう、場合によってはポストを塞いだ方が良い場合もあります。

2. ゴミ拾い

次に敷地内にゴミが捨てられていないか確認します。
もしゴミが捨てられていた場合は持ち帰って処分しましょう。持ち帰れない場合は外から見えない場所に移動しておきましょう。

ゴミ拾い
チェックポイント

チェックポイント

  • ゴミは持ち帰って処分。
  • 持ち帰れないゴミは外から見えない場所へ移動しておきましょう。

3. 庭木の確認

敷地内の確認の際に、庭木の成長具合は必ず確認するようにしましょう。
伸び過ぎた庭木はトラブルの原因となりますので、『道路にはみ出していないか』、『枝が塀を乗り越えて伸びていないか』、などをしっかりと確認して必要であれば剪定を行うか、業者の手配を行いましょう。

庭木の確認庭木の確認
チェックポイント

チェックポイント

  • 成長した庭木はトラブルのもとです、トラブルになる前に対応することが大切です。

4. 水道メーターの確認

次に水道メーターを確認します。水道を使用していないのにメーター内部のパイロットが回っている場合、どこかで漏水が起こっている可能性がありますので注意してください。

水道メーターの確認
チェックポイント

チェックポイント

  • パイロットが回っているか、使用量が不自然に増えていないか確認しましょう。

5. 外壁、軒裏の確認

敷地内の確認の次は建物の確認を行いましょう。
外壁や軒裏、基礎の部分などを目で見て確認して、気になる場所があれば触って確認してみましょう。大きなひび割れなどは雨漏りの原因となります。外壁に剥がれてしまそうな部分はないか、軒裏が腐っていないかなどを注意して確認してください。

外壁、軒裏の確認外壁、軒裏の確認
外壁、軒裏の確認外壁、軒裏の確認
チェックポイント

チェックポイント

  • 大きなひび割れがないか確認しましょう。
  • 脚立を使用する際は十分気をつけて。

6. 塀の確認

ブロック塀の状態も確認しておきましょう。古いブロック塀ですと、見た目が問題なくても、触ってみるとグラつく場合がありますので、注意が必要です。

塀の確認
チェックポイント

チェックポイント

  • 実際に塀を触って確認しましょう。

【3】敷地内の掃除、建物外部の確認 ~外まわり編~

空き家管理の流れ、その他の作業

空き家管理の作業内容

空き家の管理は、最低でも毎月1回、継続的に行うことが大切です。しかし、ご自身での管理が徐々に負担となり、管理を行う回数が減ってしまい、最終的には放置してしまうケースが多い事も事実です。

空き家はご自身で管理する以外にも、『管理を委託する』という事もできます。
もしご自身での管理が負担になってきた場合は、NPO法人 空家・空地管理セン ターまでお気軽にご相談ください。

空き家管理サービス紹介

空き家に関するお悩み、お困りごとなら
空き家相談窓口へ
お気軽にご相談ください
空き家に関するお悩み、お困りごとなら
空き家相談窓口へ
お気軽にご相談ください

先頭へ戻る
先頭へ戻る