空き家管理・活用・相続のご相談
フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

閉じる ×

【1】そのまま放置すれば倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態

管理/活用のご相談

フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

メール相談メール相談 対応エリアはこちら

お申し込み

管理申し込み管理申し込み

資料請求

資料請求資料請求

よくあるご相談

(2)屋根、外壁等が脱落、飛散等するおそれがある

(イ) 屋根ふき材、ひさし又は軒

全部又は一部において不陸(平らでない)、剥離、破損又は脱落が発生しているかどうか、部材を結合する金具に著しい腐食があるかどうかなどを基に総合的に判断します。

調査項目の例

屋根が変形している

  • 屋根が変形している

屋根ふき材が剥落している

  • 屋根ふき材が剥落している

軒の裏板、たる木等が腐朽している

  • 軒の裏板、たる木等が腐朽している

軒がたれ下がっている

  • 軒がたれ下がっている

雨樋がたれ下がっている

  • 雨樋がたれ下がっている
参考となる考え方
目視でも、屋根ふき材が脱落しそうな状態を確認できる場合
当センターからのコメント
【屋根】
屋根が変形していたり、ふき材が剥がれてしまっていると雨漏りの原因になります。雨漏りは建物の劣化を急激に早める原因となります。
【軒】
軒は屋根の裏側にあたる部分で、この部分で腐食などが起きているということは、どこかで雨漏りをしているということです。雨漏りした水が軒部分に溜まり、腐食を起こしている可能性が考えられます。
【雨樋】
雨樋は雨が建物内に侵入しないようにしている重要な部分です。雨樋が破損していると、雨が入ってはいけない場所を通ってしまい、それが原因で雨漏りが発生する可能性があります。

(ロ) 外壁

全部又は一部において剥離、破損又は脱落が発生しているかどうかなどを基に総合的に判断します。

調査項目の例

壁体を貫通する穴が生じている

  • 壁体を貫通する穴が生じている

外壁の仕上材料が剥落、腐朽又は破損し、下地が露出している

  • 外壁の仕上材料が剥落、腐朽又は破損し、下地が露出している

外壁のモルタルやタイル等の外装材に浮きが生じている

  • 外壁のモルタルやタイル等の外装材に浮きが生じている
参考となる考え方
目視でも、上部の外壁が脱落しそうな状態を確認できる場合
当センターからのコメント
【貫通】
外壁を貫通する穴がある場合、そこから破損腐朽が進むのはもちろん、動物などの通り道になってしまいます。
【外壁の剥離等】
外壁が剥がれてしまっていると、雨風や太陽光から家を守ることができなくなってしまいます。守られていない構造部分は腐朽してしまいます。
【外壁材の浮き】
外壁が破損していると、そこから雨が入ってしまい、構造部分の腐食に繋がってしまいます。

(ハ) 看板、給湯設備、屋上水槽等

転倒が発生しているかどうか、剥離、破損又は脱落が発生しているかどうか、支持部分の接合状況などを基に総合的に判断します。

調査項目の例

看板の仕上材料が剥落している

  • 看板の仕上材料が剥落している
  • 看板等が転倒、破損又は脱落、支持部分が腐食している

看板、給湯設備、屋上水槽等が転倒している

  • 看板、給湯設備、屋上水槽等が転倒している

看板、給湯設備、屋上水槽等が破損又は脱落している/看板、給湯設備、屋上水槽等の支持部分が腐食している

  • 給湯設備等が転倒、破損又は脱落、支持部分が腐食している
  • 屋上水槽等が転倒、破損又は脱落、支持部分が腐食している

※イラストの関係上、「調査項目の例」の文言の掲載方法を一部変更しています。

参考となる考え方
目視でも、看板、給湯設備、屋上水槽等の支持部分が腐食している状態を、確認できる場合
当センターからのコメント
【看板の支持部分の腐食】
看板は小さいものでも十数キロもの重さになります。そのため、落下すると非常に危険です。
【看板の転倒】
看板や給湯設備、屋上水槽等が転倒し、固定されていない状態になると、飛散の可能性もあり危険です。
【給湯設備などの支持部分の腐食】
給湯器や屋上水槽などの支持部分が腐食されてしまうと、落下の危険性が高まってしまいます。

(ニ) 屋外階段又はバルコニー

全部又は一部において腐食、破損又は脱落が発生しているかどうか、傾斜が見られるかなどを基に総合的に判断します。

調査項目の例

屋外階段、バルコニーが腐食、破損又は脱落している

  • 屋外階段、バルコニーが腐食、破損又は脱落している

屋外階段、バルコニーが傾斜している

  • 屋外階段、バルコニーが傾斜している
参考となる考え方
目視でも、屋外階段、バルコニーが傾斜している状態を確認できる場合
当センターからのコメント
【バルコニーの脱落】
バルコニーなどが脱落していると、飛散してしまう可能性があるだけではなく、固定していた部分から雨が侵入してしまう可能性もあります。
【バルコニーの傾斜】
バルコニーが傾斜しているということは、柱などの支持部分が弱くなってきている可能性があります。放置すると脱落にも繋がってしまう危険な状態です。

(ホ)門又は塀

全部又は一部においてひび割れや破損が発生しているかどうか、傾斜が見られるかなどを基に総合的に判断します。

調査項目の例

門、塀にひび割れ、破損が生じている

  • 門、塀にひび割れ、破損が生じている

門、塀が傾斜している

  • 門、塀が傾斜している
参考となる考え方
目視でも、門、塀が傾斜している状態を確認できる場合
当センターからのコメント
【ひびわれ】
塀の中には鉄筋などの構造が隠れています。ひび割れなどの破損があると、構造部分の腐食が進んでしまう可能性もあるため早急な対処が必要です。
【傾斜】
塀が傾斜している場合は倒壊の可能性があります。塀は鉄とコンクリートで構成されているため重く、さほど高くない塀でも倒壊すると非常に危険です。

「特定空き家」における、その他の状態

※本ページで掲載しているイラストはあくまでも一例です。ガイドラインに該当したから必ず特定空き家に指定される、ということではありませんので、目安としてご活用ください。自治体の職員が、実際に空き家を訪問し、該当する空き家を総合的に調査をおこない、特定空き家に指定するかどうか判断します。
参照:国土交通省 空家等対策の推進に関する特別措置法関連情報(外部リンク)より抜粋

「特定空き家」資料請求(無料)も可能です!

資料請求内容

「特定空き家」についてじっくり資料を読みこみたい、異なる場所に住んでいる親に資料を見てもらいたいなど、お気軽にご利用ください。

1. 団体概要
2. セミナー講演/メディア出演実績
3. 空き家・空地管理サービス一覧
4. 空家対策特別措置法と特定空き家について

空き家の管理・活用など無料相談承り中!0120-336-366 【受付時間】9時~18時(年中無休) お気軽にご相談ください|お問い合わせ

▲このページの先頭へ戻る

空き家の相談窓口 相談無料・全国対応 0120-336-366【受付時間】9時~18時(年中無休)

空き家の相談窓口 相談無料・全国対応お気軽にご相談下さい 00120-336-366【受付時間】9時~18時(年中無休)メール相談 24時間受付中

先頭へ戻る
先頭へ戻る