空き家管理・活用・相続のご相談
フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

閉じる ×

北海道庁と札幌市役所を訪問してきました!

2015年11月27日 公開

現在、新しく対応エリアになった地域の行政担当者の方々にご挨拶をして回っております。
当センターでは、行政のご担当者さまとの協力や情報交換を大事にしているためです。

今回は北海道庁と札幌市役所へお伺いしてきました!寒くなる前に、と11月中のスケジュールで行ったのですが、なんと行った日は62年振りに40㎝超の積雪となりました!
1時間遅れで新千歳空港に着いた頃には、札幌はすっかり雪景色でした。

紅葉したイチョウと雪が一度に見れてしまいました

赤レンガの北海道庁舎では、紅葉したイチョウと雪が一度に見れてしまいました

北海道では今後、空き家対策の方針を決め、その中で適正管理への取組み強化や、空き家バンクの更なる充実を図っていくとのことでした。
特に空き家バンクは、北海道全体で制度を整備していくことを検討されていました。また、札幌市では危険空き家の解体に対する助成金制度を創設しており、制度の周知徹底と利用促進を行っていくとのお話でした。
この助成制度は解体費用の最大10分の9(最高150万円)が助成されるという、全国的にも補助率が非常に高いのが特徴です。
今年度の利用は予算額上限に達したため終了していますが、来年度(4月)以降で解体をご検討されている方は制度についてもお問合せください。

北海道のように雪が多く降る地域では、屋根の雪や雪庇などの雪の処理と、凍結防止の水抜きが必要になってきます。
最近では、雪の重さによる空き家の倒壊が毎年発生しているため、空き家の適正管理の中でも定期的な雪下ろしは重要な要素になります。
空き家対策特別措置法の指針でも、「雪止めなどの破損」や「落雪が発生し、歩行者等の通行を妨げている」といった内容が特定空き家指定の具体例として挙げられています。

空家・空地管理センターは、北海道内では札幌市函館市旭川市釧路市帯広市苫小牧市の6市で空き家管理サービスをご提供しております。
これらの地域では雪下ろしや雪庇の除去、雪止めの設置、水抜きなどのオプションサービスも行っております。定期巡回サービスをご利用でない方でも、空き家の雪対策だけの対応も可能ですのでお気軽にご連絡ください。

北海道の対応エリア情報はこちら

雪の札幌「大通り公園」


ライトアップされた大通り公園は綺麗でした!

ブログの関連記事

空き家に関するお悩み、お困りごとなら
空き家相談窓口へ
お気軽にご相談ください
管理/活用のご相談

フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

メール相談メール相談 対応エリアはこちら

お申し込み

管理申し込み管理申し込み

資料請求

資料請求資料請求

よくあるご相談

先頭へ戻る
先頭へ戻る