空き家管理・活用・相続のご相談
フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

閉じる ×

空き家の倒壊事故で2億円以上の損害が!

2014年6月28日 公開

住宅・宅地に関する調査研究及び情報収集・提供を行っている
『公益財団法人 日本住宅総合センター』が
空き家から発生する損害額を公開しています。

日本住宅総合センター(外部サイト)

家屋が倒壊した場合や火災を起こした場合などいくつかのパターンを定め、
被害額をシミュレーションしています。

この試算によると『空き家が隣家へ向かって倒壊し、隣家が全壊し
その家に住んでいた主婦と子供が死亡した場合』の損害額は
2億860万円となっています。

内訳は以下のとおりです。
・物件損害等→1,500万
・人身傷害→1億9,360万

あくまで試算ではありますが、こういった危険性もゼロではありません。

当センターの空き家管理であれば、建物に異常があったりした場合
直ぐに所有者に建物の状況をお知らせいたします。

何か事故に繋がる可能性があればご報告いたしますので
遠くに住んでいるご所有者の方にも安心してご利用いただけます。

空き家管理のご依頼や質問などございましたら
お電話、もしくは問い合わせフォームからどうぞ!

お問い合わせ

ブログの関連記事

空き家に関するお悩み、お困りごとなら
空き家相談窓口へ
お気軽にご相談ください
管理/活用のご相談

フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

メール相談メール相談 対応エリアはこちら

お申し込み

管理申し込み管理申し込み

資料請求

資料請求資料請求

よくあるご相談

先頭へ戻る
先頭へ戻る