空き家の管理・活用・相続のご相談
フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

閉じる ×

新聞掲載実績 実績:100

日本経済新聞や読売新聞のような全国紙から、週刊住宅新聞、全国賃貸住宅新聞の業界紙など、当センターの取り組みを記事でご紹介いただきました。
新聞掲載実績の最新5件をご紹介させていただきます。

朝日新聞 [空き家増加 立ち往生]

2023年1月18日

空き家が増加している現状で、実家が空き家となり悩む相談者の実態や、実家を処分するという意識決定がいかに大変であるか、活用する場合はなるべく早く処理することが重要であるなど、取材協力及びコメントをさせていただきました。

朝日新聞 [解決の処方箋 専門家2氏に聞く]

2022年12月24日

郊外・過疎地では一般的な住宅の市場ニーズが低く、売りたくても売れない空き家が存在しています。そのため、過疎地ならではの魅力を感じる方へ向けた情報発信や、人口が減る日本で今後働き手として必要になる外国人労働者の貸家として活用するなど発想の工夫が必要だとお話させていただきました。

日本経済新聞 [空き家解体、費用を知る]

2022年11月5日

親や親族が亡くなり、相続などで取得することになる空き家は維持・管理費が負担になりやすい。しかし立地条件などが悪く、賃貸や売却が難しい場合は老朽化した家屋を残したままよりも解体して更地状態にした方が買い手が付きやすくなるとコメントさせていただきました。又、解体工事による費用負担を減らす方法として、業者ごとに保有する重機や作業員の人件費に差があるため、複数の業者に見積りを取ることが有効だと紹介させていただきました。

産経新聞 [実家の空き家対策 親が元気なうちに]

2022年11月3日

全国的に空き家の増加が社会問題となる中、親の介護施設入所をきっかけに空き家になり、施設にいる親との意思疎通が難しくなるなどにより、お困りごとを抱える方が増えている。こういったリスクを回避する為、「親(所有者)に十分な判断能力があるうちに家族で話し合い、任意後見制度などの活用を検討することが大切。」とコメントさせていただきました。

朝日新聞 [知っ得 なっ得 実家のたたみ方 4]

2022年7月23日

実家のたたみ方として賃貸活用を検討する場合、借り手を見つけられるか、改修コストがどれほどかかるかなど事前に検討と判断が必要なこと、一口に賃貸活用といっても様々な選択肢があることなど、連載コラム記事にて取材協力させていただきました。

過去の実績

空き家に関するお悩み、お困りごとなら
空き家相談窓口へ
お気軽にご相談ください

フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

無料相談無料相談 【受付時間】9時~17時

管理/活用のご相談

フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

メール相談メール相談 対応エリアはこちら

お申し込み

個別相談個別相談

管理申し込み管理申し込み

資料請求

資料請求資料請求

よくあるご相談

先頭へ戻る
先頭へ戻る