空き家の管理・活用・相続のご相談
フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

閉じる ×

新聞掲載実績 実績:90

日本経済新聞や読売新聞のような全国紙から、週刊住宅新聞、全国賃貸住宅新聞の業界紙など、当センターの取り組みを記事でご紹介いただきました。
新聞掲載実績の最新5件をご紹介させていただきます。

しんぶん赤旗 [実家が空き家に どうしよう?]

2021年7月6日

実家が空き家になり、これからどうしようという悩みを抱える方が増えている中、まずは近隣に迷惑をかけないように適正な管理が必要であることと、自治体の相談窓口を活用すること、そして空き家となったらどうするべきか、家族にとって理想の方法を早いうちから家族で話し合って見つけておくことが大切であるとお話させていただきました。

日本経済新聞 [国の引き取り制度、利用1%見込み]

2021年7月1日

日本経済新聞_2021年7月1日掲載

相続した土地を国に引き取ってもらう制度「相続土地国庫帰属制度」が2023年にも施行されます。しかし、制度の利用にあたり「建物はあってはならない」という条件が課せられているため、建物がある不動産は解体を要し、そのための費用負担が必要になってきます。その他、国の審査手数料や10年分の土地管理費など厳しい条件が連なっています。そのためか、実際の制度利用率は1%未満という試算も出ており、これは国にとっても引き取るに限界があることを裏返す数字とも取れます。

この実状に対して、当センターより「国庫への帰属は最後の手段と位置付け、その前の段階で空き家の活用法を増やすしかない。小回りの効く民間がその役を担い、国は支援に回ることが理想」であることをコメントさせていただきました。

毎日新聞 [遠くで思う小里]

2021年5月11日

新型コロナウイルスの影響により、遠方に空き家を所有されている方々が帰省して管理をすることが難しい状況が続いています。当センターに寄せられるご相談も、コロナ禍前後で比較すると約3割程増加しており、中でも管理作業の依頼が顕著に増加しています。このようなコロナ禍による空き家事情の変化と今後の懸念点などについて、お話しさせていただきました。

日本経済新聞 [空き家活用 新サービス続々]

2021年4月28日

少子高齢化を背景に年々深刻化する空き家問題。
そんな中、問題の解決を目指す様々なサービスの一つとして、当センターの100円管理サービスをご紹介いただきました。

日本経済新聞 [近所との信頼関係 大切に]

2020年5月27日

日本経済新聞掲載_2020年5月27日

近年、国内では地震や台風などの自然災害や今回の新型コロナウイルス問題をはじめ非常事態に置かれることが多くなりました。このような非常時にいただく多くのご相談を受けて、近隣住民との関係構築がいかに空き家を管理していくうえで大切かをコメントさせていただきました。

過去の実績

空き家に関するお悩み、お困りごとなら
空き家相談窓口へ
お気軽にご相談ください

フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

無料相談無料相談 【受付時間】9時~17時

管理/活用のご相談

フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

メール相談メール相談 対応エリアはこちら

お申し込み

個別相談個別相談

管理申し込み管理申し込み

資料請求

資料請求資料請求

よくあるご相談

先頭へ戻る
先頭へ戻る