空き家の管理・活用・相続のご相談
フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

閉じる ×

新聞掲載実績 実績:86

日本経済新聞や読売新聞のような全国紙から、週刊住宅新聞、全国賃貸住宅新聞の業界紙など、当センターの取り組みを記事でご紹介いただきました。
新聞掲載実績の最新5件をご紹介させていただきます。

日本経済新聞 [近所との信頼関係 大切に]

2020年5月27日

日本経済新聞掲載_2020年5月27日

近年、国内では地震や台風などの自然災害や今回の新型コロナウイルス問題をはじめ非常事態に置かれることが多くなりました。このような非常時にいただく多くのご相談を受けて、近隣住民との関係構築がいかに空き家を管理していくうえで大切かをコメントさせていただきました。

住宅新報 [オンラインで相談対応]

2020年5月5日

住宅新報_2020年5月5日掲載

新型コロナウイルス感染症拡大防止策として当センターが開始したオンライン個別相談と、空き家問題とは何かがわかるドラマ仕立ての再現映像コンテンツの配信について紹介されました。

週間全国賃貸住宅新聞 [大田区と空き家等対策協定を締結]

2020年3月9日

東京都大田区の空き家率は11.3%と、都内の他のエリアと比べ、高い数値となっています。そこで、今年2月7日に当センターと東京都大田区にて「大田区における空家等対策に関する協定書」を締結し、大田区が設置する「空家総合相談窓口」に対して助言や協力をおこなう他、空き家問題に関する啓発セミナーを実施する旨が公表されました。

東京新聞 [高齢化で増える空き家 細る修繕積立金]

2020年2月7日

2018年の時点で総務省の調査から、空き家の総数849万戸のうち、マンションを含む共同住宅が56%を占めていることが分かっています。築40年を超えるマンションが20年後には352万戸に上ると予想される中、老朽化だけでなく、入居者の高齢化や修繕費も回収できないなどの問題に遠くない未来に直面することとなります。当センター代表理事より、修繕が追い付かず周囲に迷惑掛けるような状態になってしまわないよう、居住者が健在であるうちに自治体を交え、マンションの将来像を話し合うことが重要であるとコメントさせて頂きました。

読売新聞 [心に区切り 仲間の手も借り]

2019年11月23日

空き家となった実家に残る家財の整理に関する記事にて、当センターが管理を代行していた空き家所有者の方の事例が掲載されました。家財整理に要する時間は、思い出の詰まった実家の解体や売却に向けた気持ちの整理の時間にもなるかもしれません。

過去の実績

空き家に関するお悩み、お困りごとなら
空き家相談窓口へ
お気軽にご相談ください

フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

無料相談無料相談 【受付時間】9時~17時

管理/活用のご相談

フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

メール相談メール相談 対応エリアはこちら

お申し込み

個別相談個別相談

管理申し込み管理申し込み

資料請求

資料請求資料請求

よくあるご相談

先頭へ戻る
先頭へ戻る