空き家の管理・活用・相続のご相談
フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

閉じる ×

2024年(新聞掲載実績)

毎日新聞 [神奈川県内空き家 全国に逆行]

2024年6月27日

空き家の増加が社会問題化する中、総務省の調査で神奈川県の空き家は減少。理由として、「東京都ほど新築供給が多くはなく、中古住宅を利活用する傾向があるのではないか」と伊藤 副代表理事より、コメントさせていただきました。また、今後は神奈川県内でも空き家問題は深刻化する可能性があるとして、2025年には持ち家率の高い団塊世代のすべてが後期高齢者となることと、それに応じて団塊ジュニア世代から相続に関する相談が増加しているとお話しさせていただきました。

各地方紙 [全国空き家率 過去最高「災害時 復興の壁に」]

2024年5月1日

総務省「令和5年住宅・土地統計調査」で空き家が過去最多の900万戸と発表されました。管理が行き届いていない空き家は災害時に倒壊し、救助や復興の妨げになりかねません。空き家の増加に危機感を抱いた国や自治体は、税制措置や改正空き家対策特別措置法による対策を講じています。当センターより「税制や補助金を使って利活用が促せる都市部と、住み替え需要の低い地方部で分けて空き家対策を考える必要がある」とコメントさせて頂きました。

《掲載紙》
北海道新聞、河北新報、東奥日報、デーリー東北、秋田魁新報、岩手日報、下野新聞、茨城新聞、 神奈川新聞、山梨日日新聞、信濃毎日新聞、新潟日報、岐阜新聞、北日本新聞、北國新聞、福井新聞、京都新聞、神戸新聞、山陽新聞、日本海新聞、中国新聞、山口新聞、山陰中央新報、四国新聞、愛媛新聞、徳島新聞、高知新聞、西日本新聞、大分合同新聞、宮崎日日新聞、佐賀新聞、熊本日日新聞、南日本新聞 等

日経新聞 [「管理不全」の空き家 放置せず]

2024年4月25日

2023年12月に施行された空き家法の改正によって設けられた「管理不全空家」について、所有者がきちんと対応することはもちろんであるが、近隣住民も「空き家=悪」とせずに可能な範囲で助け合って管理していくことも大切であると、コメントさせていただきました。

東京新聞 [空き家の相続 処分後押し]

2024年3月12日

東京新聞_2024_0314掲載

適正に管理されていない空き家に対しては課税が強化され、一定の条件下で売却された空き家については税控除される制度があるなど、相続した空き家を取り巻く法律について、当センターの副代表理事 伊藤雅一より制度利用への期待をコメントさせていただきました。

空き家に関するお悩み、お困りごとなら
空き家相談窓口へ
お気軽にご相談ください

フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

無料相談無料相談 【受付時間】9時~17時

ご相談はこちら

フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

メール相談メール相談 対応エリアはこちら

個別相談個別相談

資料請求資料請求

よくあるご相談

先頭へ戻る
先頭へ戻る

×
「保険」が付帯する空き家管理サービス 空き家あんしん管理