空き家の管理・活用・相続のご相談
フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

閉じる ×

雑誌掲載実績 実績:34

日経マネー、AERA、週刊現代、週刊ダイヤモンド、PRESIDENTなどの雑誌で、当センターの取り組みを記事でご紹介いただきました。
雑誌掲載実績の最新5件をご紹介させていただきます。

日経ヴェリタス [空き家リスク知っていますか]

2021年2月21日

空き家を保有するにあたって発生する費用は固定資産税や水道光熱費、火災保険、管理費用などで、場合によっては年間100万円もの費用がかかってしまうこともあります。また、最近ではコロナ禍での外出自粛要請で自ら管理に出れない所有者や、感染の恐れから家族会議ができずに処分の検討が進まないという悩みも増えています。そのような状況から、空き家になった時は管理や処分の方針を先延ばしにしないことが、無駄なコストを抑える最善の方法であることをお話しさせて頂きました。

人生100年時代の老後のお金 [いつかはやってくる実家とお金の悩み]

2020年9月1日

実家とお金に関する悩みの中「田舎にある古い一軒家の実家をどうするべきか」という質問に対して、空き家として放置することで起こるトラブルやリスクを解説。郊外や田舎にある不動産の現実的な需要を踏まえ、賃貸に出すことの難しさや、リスクを避けつつ売却する方法などをお話させて頂きました。(8月25日発売)

週刊エコノミスト [特集 どうする?実家の空き家&老朽マンション]

2020年8月17日

築40年を超える老朽化が深刻なマンションが増加しています。マンションの所有者が亡くなった後、相続人が相続放棄や相続しても住居がすでに別にあることが原因で管理されずに放置されてしまっているマンションが全国で多く見られ、今後は外壁のひび割れなどの更なる老朽化が進む老朽マンションの実態についてお話しさせて頂きました。(8月17日発売)

婦人公論 [空き家になった親の家、「売る」か「貸す」か]

2020年6月9日

相続した空き家は「売る・貸す・管理する」の選択が迫られますが、どの選択においてもメリット・デメリットはあり、結論が出るまで時間がかかります。しかし、問題を先送りにしないよう「1年以内には決断する」など期間を定めるほか、できれば親の意向を元気なうちに聞いておくなど、話し合いの機会を持つことの大切さについてお話しさせて頂きました。(6月9日発売)

週刊文春 [家を売って本当にいいの?大検証]

2020年3月5日

65歳を迎えリタイヤ後、例えば郊外の家を売り高齢者にとって重要な施設(駅や病院など)に近い賃貸マンションに移るといった場合、老後に十分安心できる居住のコスト面から、家を売却する判断の目安と、その後のやりくりについてコメントさせていただきました。

過去の実績

空き家に関するお悩み、お困りごとなら
空き家相談窓口へ
お気軽にご相談ください

フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

無料相談無料相談 【受付時間】9時~17時

管理/活用のご相談

フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

メール相談メール相談 対応エリアはこちら

お申し込み

個別相談個別相談

管理申し込み管理申し込み

資料請求

資料請求資料請求

よくあるご相談

先頭へ戻る
先頭へ戻る