空き家管理・活用・相続のご相談
フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

閉じる ×

7. 空き家対策特別措置法への対応

管理/活用のご相談

フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

メール相談メール相談 対応エリアはこちら

お申し込み

管理申し込み管理申し込み

資料請求

資料請求資料請求

よくあるご相談

空き家対策特別措置法への対応平成27年5月に施行された空き家対策特別措置法では、空き家の適正管理や活用促進は市町村を中心に行われることが示されました。しかし、どのように法律を運用すれば良いのか、全国での事例も少なく困っていらっしゃる担当者の方が多いのも事実です。

当センターでは、全国での空き家管理や活用の経験・実績を基に、自治体の空き家対策特別措置法への対応をサポートしております。

関連

空き家調査の設計・実施

空き家の調査は、どこに空き家があるのかを把握するだけではなく、把握した空き家をどのように適正管理の指導、活用促進を行っていくかが重要です。そのためには、空き家の適正な分類と、どのように民間と役割分担をしていくかがポイントになります。

空き家対策計画の策定支援

空き家対策計画で重要なのはいかに所有者の意思決定を促していくかです。どの空き家も必ず空き家になっている理由があります。同様に放置されている空き家にも放置してしまう理由があります。

空き家問題を解決していくには、これらの所有者が抱える課題を解決するための支援が必要不可欠です。また、地域住民や高齢者住宅への正しい空き家問題の啓蒙活動も盛り込むことで、効果的な対策計画とすることが可能です。

空き家対策協議会の支援

当センターでは、空き家対策協議会委員への就任や、協議会でのプレゼンテーションを行っております。業界団体からの要望の場となってしまうことが多いとお聞きする協議会ですが、空き家対策の実務(管理代行や相続トラブル対応、成年後見人など)を行っている専門家を委員とすることで、より所有者や地域住民の問題解決に繋げることができます。

空き家窓口の運営

空き家所有者からの相談に対応するためには、弁護士、司法書士や行政書士といった士業と不動産会社、建設会社、造園会社といった企業との連携が必要不可欠です。自治体による空き家窓口の運営では、業界団体と協定を結ぶケースがほとんどですが、相談内容によって窓口が変わったり、担当する団体会員によって知識や経験が違ったりするため、解決率を改善するのに苦労されているとお聞きします。

当センターでは、空家空地管理士による相談窓口の一本化を行っており、相談をお聞きした上で専門家と連携し、問題解決まで窓口担当者が伴走することで高い解決率を実現させています。自治体の皆さまからは希望する所有者へ窓口のご紹介を行っていただいております(ご相談はフリーダイヤルで無料にてご利用いただけます)。

お気軽にご相談ください

空き家管理サービス、資料について、セミナー講演、活用方法、相続や法律の対応、当センターについてなど、お気軽にご相談ください。以下のお問い合わせフォームか、お急ぎの場合は、直接お電話でのご相談もお受けします。(0120-336-366【受付時間】9時~18時 年中無休)

自治体の皆さまの
ご相談はこちら
『セミナー講演依頼』、『冊子・パンフレットの提供』、
『空き家の管理・活用・相続・法律のご相談』など
お気軽にご相談ください

対応エリア

【管理サービス】【活用相談】対応エリアを全国に拡大中!【管理サービス】【活用相談】対応エリアを全国に拡大中!

現在、全国394市区町村に対応
(2017年11月21日時点)

詳しく見る

公式ソーシャルメディア

  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube

先頭へ戻る
先頭へ戻る