倒壊の危険性のある空家にご注意ください!

地震、風、台風による倒壊

当センターに寄せられる空き家・空き地相談の中でも多いのは、老朽化した家が倒壊の危険性がある、というものです。建物は使わなくなると急速に老朽化していきます。それは、日本の家が主に木で造られていることが要因です。木でできた家は定期的な換気など適切な管理を行わないと、どんどん弱くなってしまい、構造材としての役目を果たすことができなくなってしまいます。

また、空き家には古いものが多く、特に耐震基準が改正された昭和56年以前に建てられた建物は耐震性が大きく不足している可能性もあります。そのため、小さい震度の地震や台風でも倒壊する家屋が出ています。

社会問題化する空家倒壊の危険性

今後益々空き家数が増加するに伴い、倒壊の危険性のある空き家の総数も増加していきます。危険な空き家に対する対策も厳しくなってきており、2014年5月29日には大田区で築46年の倒壊寸前のアパートを空き家条例に基づき解体するなど、行政代執行(所有者に代わり行政が解体を行いその費用を請求すること)も珍しい事例では無くなりつつあります。

このアパートは老朽化がかなり進んでおり、倒壊の危険性の他にも、屋根材が飛散したり、獣害などが発生していたとのことです。家屋が倒壊にいたらなくても、重い瓦や外壁、塀などが落下する危険性もあります。台風シーズンでは「老朽化し台風などでがれきが飛んできて危険」、冬は積雪で「雪の重みで建物が傾いている」といった懸念も指摘されています。

適切な管理をしないと損害賠償を請求される?

不動産所有者には、工作物責任といって、所有物を適切に管理する義務があります(民法第717条)例えば、庭にある木をきちんと管理していなかった事が原因で、木の枝が折れ隣の家の車を壊してしまった場合、その土地の所有者は車の修理費用を負担しなければなりません。修理費用の支払いを拒んだ場合、隣の家の人は所有者に対して、損害賠償請求の裁判を起こすことができるのです。

老朽化した空き家の対策は?

老朽化してしまった建物に対する対策は主に二つ。直すか壊すかです。建物の解体はその建物の構造や大きさによって大きく異なりますが、おおよそ100万円程度の費用がかかってしまいます。また、リフォームする場合は少なくとも数百万円の出費となります。そのため、老朽化する前に適切な管理を行うことが重要です。

老朽化に伴う解体やリフォーム費用は金額も大きく、その決断は容易ではありません。当センターでは、解体やリフォームの費用の負担を少しでも少なくするため、様々なご提案を行ってきました。利用する予定がない土地であれば売却、利用する予定が将来的にあるようであればリフォームして一時的に人に貸すなどです。そうすることで、解体・リフォーム費用の負担をゼロにできる可能性もあります(詳細はお問い合わせください)。

通気・管理を含めた空家管理で老朽化をストップ

当センターの「しっかり管理」では、サービスの一環として建物の「通気・換気」を行っています。定期的に建物に風を通すことで、建物の寿命を延ばすことができます。また、外壁の剥離(はくり)や塀のゆがみなど、倒壊に繋がるような危険個所も発生直後に把握・対処することができます。台風や地震の際には緊急時点検サービス(オプション3,000円・緊急出動時のみ請求)も実施しています。

その他の空家・空地のよくあるトラブル

空家・空地管理センターへのお申込み方法

空き家管理や活用など、無料で相談を承ります。0120-336-366 【受付時間】9時~18時(年中無休)

インターネット お申込み FAX お申込み

▲このページの先頭へ戻る

メニュー