空き家管理・活用・相続のご相談
フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

閉じる ×

<お悩み解決事例> 兄弟の一人が売却に反対。広い敷地でお庭の管理も大変

兄弟の一人が売却に反対。広い敷地でお庭の管理も大変
ご相談者様のお悩み内容
  • 兄弟の一人が売却に反対し活用が進まない。広い敷地のため、お庭の管理だけでも労力がかかり大変
ご相談者 男性(50代、東京都東村山市)
空き家の経緯 相続
空き家の期間 約3年間
空き家の活用 売却 建築 解体 賃貸 
空き家管理サービスを
利用しましたか
はい(しっかり管理サービス)

解決前の空き家の状態

200坪あるお庭の管理に毎年苦労。建物も老朽化がどんどん進んでいる状態
駅から徒歩3分ほどの場所にある大きな実家の活用方法で揉めていらっしゃいました。兄弟4名での相続でしたが、そのうち1名が売却に同意していなかったのです。ただ、庭だけでも200坪近くあるため、管理の手間は膨大で毎年苦労されていたそうです。建物も老朽化がどんどん進んでいく現状を何とか変えたいとご相談いただきました。

解決に至るまでの状況/解決方法

所有者4名全員で話し合い、売却に抵抗がある1人の方のために、土地を面積3/4と1/4に分割をご提案
まずは空き家管理を当センターでお手伝いさせていただき、その後、所有者4名全員に集まっていただき話し合いを重ねていきました。売却に反対されている理由は、「実家を売ることに罪悪感が強い」ことでした。そのため、提携する不動産会社と共に、土地を面積4分の3と4分の1に分割することをご提案しました。建物は壊さなくてはなりませんでしたが、売却に反対されているご兄弟は、土地を所有し続けられるメリットがありました。ただ、空き地のまま所有するにはコストばかりかかってしまうということで、その土地には賃貸マンションを建築することになりました。

お悩み解決前

大きなお庭のある空き家でした 大きなお庭のある空き家でした かなり大きな住宅でした かなり大きな住宅でした
解体作業中です 解体作業中です 解体は重機とトラックで行いました 解体は重機とトラックで行いました

お悩み解決後

建物を解体した後の空き地 建物を解体した後の空き地 こんなに広い空き地になりました! こんなに広い空き地になりました!
残した土地に建築した賃貸マンション 残した土地に建築した賃貸マンション 単身者用のマンションになりました 単身者用のマンションになりました

ご相談者さまの声

じっくり話を聞いてくれ、兄弟みんなが納得できる形となった
相続した実家の管理や活用で揉めている中、じっくり話を聞いてくれて助かりました。解決策はないのではないかと頭を抱えた時期もありましたが、結果的に兄弟みんなが納得できる形になったので良かったです。ありがとうございました。

担当者の一言

上田真一上田真一

実家の売却に罪悪感がある中、無理に売却を進める必要はありません。ただ、活用に向けた話し合いを進める間、きちんと管理だけはしておいてください。今回の事例では、当センターで管理をしながら、不動産の専門家と交えて前向きな話し合いができたため、スムーズに解決に繋がりました。

※建物の修繕・解体、不動産の賃貸・売買及びその媒介などの活用は、必要とされる許認可を持つ事業者の協力を得て行っており、当センターが直接行っているものではありません。予めご了承ください。

関連するお悩み解決事例

【活用方法別】カテゴリ一覧

【空き家】

【空地】

【お悩み別】カテゴリ一覧

空き家に関するお悩み、お困りごとなら
空き家相談窓口へ
お気軽にご相談ください

フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

無料相談無料相談 【受付時間】9時~17時

空き家に関するお悩み、お困りごとなら
空き家相談窓口へ
お気軽にご相談ください

フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

無料相談無料相談 【受付時間】9時~17時

管理/活用のご相談

フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

メール相談メール相談 対応エリアはこちら

お申し込み

管理申し込み管理申し込み

資料請求

資料請求資料請求

よくあるご相談

先頭へ戻る
先頭へ戻る