空き家管理・活用・相続のご相談
フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

閉じる ×

<お悩み解決事例> 腰を痛めて実家の管理ができなくなった

ご相談者様のお悩み内容
  • 腰を痛め管理ができなくなった
ご相談者 女性(50代、愛知県名古屋市)
空き家の経緯 相続
空き家の期間 約2年間
空き家の活用 売却 

解決前の空き家の状態

築40年以上の木造2階建、設備が老朽化し、空き家にしている間に雨漏りが発生
空き家。お母様が、長くおひとりで暮らしていらっしゃった実家を姉・弟のお二人で相続なさいました。お二人にとって思い出深い実家。しばらくはご自身たちでお掃除や風通しをしていらっしゃったのですが、お姉さまが腰を痛めて以来管理がままならず、ご相談を承りました。

解決に至るまでの状況/解決方法

中古販売は厳しいため、住宅用地として販売活動
当初は空き家管理をご希望なさっておられましたが、じっくりお話を伺ううち、実はお二人とも有効利用して頂ける方がいれば手放したい、と考えていらっしゃったことがわかりました。自分から「売ろうか」と切り出すのは何となくお互い憚られていたようですが、第三者である私共が間に入ることでお話はすぐにご売却の方向に進みました。築40年以上経過した木造2階建住宅、設備が老朽化していることに加え、空き家にしている間に雨漏りが発生するなどの問題も散見されたため中古住宅として販売するのは困難と判断し、住宅用地として販売活動を行いました。

ご相談者さまの声

最初は何とか自分たちで実家を守っていこうと頑張りましたが、年齢的なこともあり思うようにはいきませんでした。いろいろお話を聞いていただいた結果、お互いに自然に本音が言えたのはよかったです。これならもっと早く相談しておけばよかったと、今でも姉と話しています。ありがとうございました。

担当者の一言

山田 直喜山田 直喜

実家の売却を自分から切り出すのはためらわれる、という方は意外とたくさんいらっしゃいます。肉親だからこそ言いにくいこともあろうかと思います。今回のケースは、私共がご一緒に話を伺い、管理を念頭に置きながらも他の可能性をご提案することで、解決の糸口が見つけられました。

※建物の修繕・解体、不動産の賃貸・売買及びその媒介などの活用は、必要とされる許認可を持つ事業者の協力を得て行っており、当センターが直接行っているものではありません。予めご了承ください。

関連するお悩み解決事例

【活用方法別】カテゴリ一覧

【空き家】

【空地】

【お悩み別】カテゴリ一覧

空き家に関するお悩み、お困りごとなら
空き家相談窓口へ
お気軽にご相談ください

フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

無料相談無料相談 【受付時間】9時~17時

空き家に関するお悩み、お困りごとなら
空き家相談窓口へ
お気軽にご相談ください

フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

無料相談無料相談 【受付時間】9時~17時

管理/活用のご相談

フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

メール相談メール相談 対応エリアはこちら

お申し込み

管理申し込み管理申し込み

資料請求

資料請求資料請求

よくあるご相談

先頭へ戻る
先頭へ戻る