空き家の管理・活用・相続のご相談
フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

閉じる ×

大分県別府市で空き家特措法に基づく代執行による解体が開始されました

2016年2月9日 公開

別府市が市内の倒壊の危険性のあるアパートに対して解体に踏み切りました。

問題のアパートは築50年以上でかなり老朽化が進んでおり、近隣住人からのクレームも多く寄せられていたという事です。

今回の解体は空き家等対策の推進に関する特別措置法に基づき、行政代執行が行われました。
通常の行政代執行とは違い、このケースでは略式代執行で解体に踏み切ったようです。
所有者の特定ができなかったためだと思われます。

解体にかかった費用は自治体が建て替えた後請求することとなっており、約510万円との事です。

ブログの関連記事

空き家に関するお悩み、お困りごとなら
空き家相談窓口へ
お気軽にご相談ください
管理/活用のご相談

フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

メール相談メール相談 対応エリアはこちら

お申し込み

管理申し込み管理申し込み

資料請求

資料請求資料請求

よくあるご相談

先頭へ戻る
先頭へ戻る