空き家管理・活用・相続のご相談
フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

閉じる ×

解体費用が割高になる要因のイラストを追加しました

2015年8月24日 公開

道路状況が悪い場合

当センターのホームページでよく読まれているページの一つが
「建物の解体」関連のコンテンツです。

比較的新しくキレイな空き家は、賃貸に出し活用をすることが可能ですが、
建物が古く、人に貸すにはリフォームを行う必要がある場合は、
費用がかかるため、「建物を解体しようかなぁ…」とまず思われる方が多いのかもしれません。

建物を解体する場合、建物の大きさや周りの道路状況、
建物の状態(地震や台風で壊れた、火事で焼けてしまった)、
家に残地物が残っている場合など、
様々な状況により解体費用が思ったより高額になってしまう場合がよくあります。

どのような状況であれば解体費用が割高になってしまうのか
説明を文章のみで掲載していましたが、
具体的にイメージしにくいとの声があったため、イラストで分かりやすくしてみました!

建物の解体費用が高くなる場合

今後、他のコンテンツも文章だけでは分かりにくい場合は、
イラストなどを使用し、どんどん分かりやすいページに進化させていきたいと思います。

ブログの関連記事

空き家に関するお悩み、お困りごとなら
空き家相談窓口へ
お気軽にご相談ください
管理/活用のご相談

フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

メール相談メール相談 対応エリアはこちら

お申し込み

管理申し込み管理申し込み

資料請求

資料請求資料請求

よくあるご相談

先頭へ戻る
先頭へ戻る