空き家の管理・活用・相続のご相談
フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

閉じる ×

<お悩み解決実例> 賃貸での解決事例

建物は長く使わない状態が続くとどんどん傷んでしまいます。湿気や害虫・害獣の発生、埃などで、すぐに人が住めなくなってしまうため、建物を長持ちさせる一番のコツは人が使い続ける(人に貸す)ことです。賃貸にするには、建物の状態によってはすぐに人に貸すことができたり、リフォームが必要だったりします。思い入れのある実家を壊すことが出来ない、将来、実家をどう利用するかまだ決まってない場合は、空き家の期間は誰かに住んでもらい家賃収入を得ることができます。
このページでは、実際に、空き家だった建物を人に貸した活用実例をご紹介します。

AKARI(あかり)~空き家を借り上げサブリース、街の活性化へ~

あかりロゴ

借上げを行うのは、主に賃貸物件化するのに数百万円の初期投資が必要な空き家です。もちろん、事業者は投資に見合った収益が上がるよう、賃貸戸建や店舗として空き家を人に貸して運用します。その間、空き家の管理は事業者と入居者が行うため、管理の手間や近隣からのクレームに悩まされることもありません。そして、契約期間が終了すれば、設備投資がされた以前よりもキレイな空き家が戻ってくるというものです。

  • 8件中 1-8件表示
  • 8件中 1-8件表示
?>

【活用方法別】カテゴリ一覧

【空き家】

【空地】

【お悩み別】カテゴリ一覧

管理/活用のご相談

フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

メール相談メール相談 対応エリアはこちら

お申し込み

管理申し込み管理申し込み

資料請求

資料請求資料請求

よくあるご相談

空き家に関するお悩み、お困りごとなら
空き家相談窓口へ
お気軽にご相談ください

フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

無料相談無料相談 【受付時間】9時~17時

空き家に関するお悩み、お困りごとなら
空き家相談窓口へ
お気軽にご相談ください

フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

無料相談無料相談 【受付時間】9時~17時

先頭へ戻る
先頭へ戻る