空き家管理・活用・相続のご相談
フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

閉じる ×

<お悩み解決事例> 息子に「空き家の問題を残したくない」という思いで「売却」を決断するも、金額の折り合いがつかず…

息子に「空き家の問題を残したくない」という思いで「売却」を決断するも、金額の折り合いがつかず…
ご相談者様のお悩み内容
  • 室内は脚立やバケツ、自転車などが散乱しゴミ屋敷状態
  • 解体費用+測量費で約500万円と言われ高額で解体もできない
ご相談者 男性(50代、東京都清瀬市)
空き家の経緯 相続
空き家の期間 11年
空き家の活用 売却 解体 

解決前の空き家の状態

コンクリートブロックや地下室があり、室内は脚立やバケツ、自転車などが散乱
11年前に、ご相談者は独身だった弟さまの自宅を相続。ご相談者はご自身の自宅があり、相続した弟さまのお家に住む予定もなかっため、掃除や建物の管理を行っていませんでした。弟さまがご自身で作られた一部コンクリートブロックや地下室があり、室内は、脚立やバケツ、自転車までもが散乱しており、人が住めるような状態ではありませんでした。ご相談者は息子さまに、空き家の問題を残したくない、という思いで5年前に「売却」をする決断をし、別の不動産会社さんに相談しましたが、金額の折り合いがつかず、そのままどうしようかと途方にくれていたようです。

解決に至るまでの状況/解決方法

一般の方には売却しづらい為、建物と地下室を解体、更地化し業者へ買取り頂くことをご提案
相続した空き家をずっと放置するわけにもいかず、清瀬市役所に相談にいったところ、当センターをご紹介頂きました。ご相談いただいた時にも、将来的にも使うことを考えていないので、マイナスにならなければすぐにでも売却したい、と希望されていました。

ただし、この建物は、弟さまがご自身で積んだ一部コンクリートブロックや、隣地ぎりぎりに掘った地下室もあったため費用も多額となり、測量図も無く、土地面積10坪で銀行融資も得られず困っていました。

このような建物があると一般の方には売却し辛いため、建物と地下室を解体し更地にした状態で業者に買い取ってもらうことをご提案しました。

5年前に相談した不動産会社さんから解体費用+測量費で約500万円かかるといわれたようですが、今回、当センターの提携会社に相談したところ、約半分の価格で解体・測量をすることができました。しかし、解体業者も工事中に隣地が崩れ落ちるのではないかと心配していましたが、丁寧な作業を行ってくれたため、問題が起きることなく工事も完了させることができました。更地になった空き家は、提携不動産会社が仲介し、別の不動産会社が買取りしてくれることになりました。

お悩み解決前

積み上げられたコンクリートブロック 積み上げられたコンクリートブロック 隣地との境界が非常に狭いです 隣地との境界が非常に狭いです
室内の残置物があふれて足の踏み場もありません 室内の残置物があふれて足の踏み場もありません 地下室の様子 地下室の様子
地下室の様子、階段もあります 地下室の様子、階段もあります

お悩み解決後

解体中、コンクリートブロックがむきだしとなりました 解体中、コンクリートブロックがむきだしとなりました 近隣に気を遣いながら丁寧に作業を行いました 近隣に気を遣いながら丁寧に作業を行いました
地下の解体作業、更地にするために土を入れています 地下の解体作業、更地にするために土を入れています 更地となりました 更地となりました

ご相談者さまの声

解体費用+測量が半分の価格に。売却までの提案・対応に感謝
解体費用+測量費も、当初より約半分の価格になったことや、建物を解体し、「更地」での販売活動をしたらどうかという空家・空地管理センターのご提案。そして解体後、提携不動産会社さんにも、”負” 動産を安くても買い取ってくれる方を見つけていただき、感謝しています。

担当者の一言

城間一弘城間一弘

今回、ご相談いただいたエリア一帯が、10坪程度の土地面積で区画されており、空き家も多く、活用するのにも困っているようなエリアでした。10坪の土地に隣地ギリギリまで掘り、地下室を作ったという話を見るのも聞くのも初めてでしたので非常に驚きました。地下室や建物内には地下室を掘るために使ったような汚れた用具が散乱していました。空き家管理や活用のお仕事に従事していると、このような一筋縄ではいかない不動産を見る機会が多くあります。私の中で様々な経験をすることで、困っている方々により良い提案が出来るように頑張ってまいります。また、同じような問題で困っている方がいればお力になれると思います。お気軽にご相談ください。

※建物の修繕・解体、不動産の賃貸・売買及びその媒介などの活用は、必要とされる許認可を持つ事業者の協力を得て行っており、当センターが直接行っているものではありません。予めご了承ください。

関連するお悩み解決事例

【活用方法別】カテゴリ一覧

【空き家】

【空地】

【お悩み別】カテゴリ一覧

空き家に関するお悩み、お困りごとなら
空き家相談窓口へ
お気軽にご相談ください

フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

無料相談無料相談 【受付時間】9時~17時

空き家に関するお悩み、お困りごとなら
空き家相談窓口へ
お気軽にご相談ください

フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

無料相談無料相談 【受付時間】9時~17時

管理/活用のご相談

フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

メール相談メール相談 対応エリアはこちら

お申し込み

管理申し込み管理申し込み

資料請求

資料請求資料請求

よくあるご相談

先頭へ戻る
先頭へ戻る