空き家管理・活用・相続のご相談
フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

閉じる ×

<お悩み解決事例> 所有者6名の意見がまとまらず活用できない

所有者6名の意見がまとまらず活用できない
ご相談者様のお悩み内容
  • 所有者6名の意見がまとまらず活用できない。更にバブル時より価格が大きく下がってしまった
ご相談者 男性(60代、埼玉県狭山市)
空き家の経緯 相続
空き家の期間 およそ20年間
空き家の活用 売却 解体 

解決前の空き家の状態

広い庭は林のように木々が生い茂り、屋根は抜け落ち、外壁は崩れ、10年以上も放置された大きな老朽化した空き家
敷地600坪もある大きな空き家は10年以上も放置されていたため、最初に訪問した時は林のように木々が生い茂っていました。草をかき分け入っていくと、そこには老朽化し、崩壊しかけた空き家がありました。屋根は抜け落ち、外壁は崩れ、家の中はもう人が住める状態ではありませんでした。誰かがそこでたき火をしたのか、家の脇には焼け焦げた跡もありました。

解決に至るまでの状況/解決方法

提携する不動産会社と相談し売却のご提案。価格調整に数か月。「この問題を子供たち世代に残すわけにはいかない」と粘り強く説得
所有者は合計で6名、それぞれの意見がまとまらず活用ができていないとのことでした。ただ、時間の経過とともに不動産の価値は下がり続け、バブル当時は数億円で購入したいという人もいたそうですが、現在の価値では数千万円と10分の1程度まで下がってしまっていました。

所有者の中に利用したい人もいなかったため、提携する不動産会社とも相談し、売却のご提案をしました。全員から売却の同意を得ることはできましたが、価格面で交渉をまとめるのに時間がかかってしまいました。不動産会社の方が調整すること数か月、最終的には「この問題を子供たち世代に残すわけにはいかない」と、全員に売却で同意を得ることができました。

お悩み解決前

鬱蒼(うっそう)とした林を抜けた先には日本家屋がありました 鬱蒼(うっそう)とした林を抜けた先には日本家屋がありました

お悩み解決後

大きな家だったため解体作業も時間がかかりました 大きな家だったため解体作業も時間がかかりました 解体して綺麗に造成された土地。分割して売却されました。 解体して綺麗に造成された土地。分割して売却されました。

ご相談者さまの声

何十年も兄弟たちで争ってしまった。時間を戻せないが、何より解決できて良かった
何十年も兄弟たちで争ってしまった。もう時間を戻すことはできませんが、何より解決することができた良かった。ありがとうございました。

担当者の一言

上田真一上田真一

非常に大きい上に老朽化がかなり進んだ空き家でした。解体して売却するのが最も合理的な活用方法ですが、やはり思い出の詰まった実家ということもあり、調整には時間がかかってしまいました。ただ、最後に「やっと終わった」と皆さんが笑顔になっていただけたので本当に嬉しかったです。

※建物の修繕・解体、不動産の賃貸・売買及びその媒介などの活用は、必要とされる許認可を持つ事業者の協力を得て行っており、当センターが直接行っているものではありません。予めご了承ください。

関連するお悩み解決事例

【活用方法別】カテゴリ一覧

【空き家】

【空地】

【お悩み別】カテゴリ一覧

空き家に関するお悩み、お困りごとなら
空き家相談窓口へ
お気軽にご相談ください

フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

無料相談無料相談 【受付時間】9時~17時

空き家に関するお悩み、お困りごとなら
空き家相談窓口へ
お気軽にご相談ください

フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

無料相談無料相談 【受付時間】9時~17時

管理/活用のご相談

フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

メール相談メール相談 対応エリアはこちら

お申し込み

管理申し込み管理申し込み

資料請求

資料請求資料請求

よくあるご相談

先頭へ戻る
先頭へ戻る