空家の解体(メリット/デメリット、費用、行政代執行の解体)

katsuyou_010

建物は誰も利用しなくなると急速に老朽化が進みます。日本では住宅のほとんどが木造のため、窓が締め切った状態になる空き家は湿気がたまるのが原因です。また、雨漏りやシロアリ被害の発見が遅れ、倒壊の危険性がある空き家も少なくありません。そうなってしまうと、空き家は周辺住民にとって大事故を起こしかねない危険で迷惑な存在になってしまう可能性があるのです。もし、空き家の倒壊や建材(屋根材や外壁材など)が飛散し、人に怪我をさせてしまった場合、その責任は所有者が負うことになってしまいます。そのため、利用する予定が今後も無い場合は、空き家の解体を選択肢の一つとして検討する方が増えています。

建物を解体するメリット

建物の解体

空き家を解体する最大のメリットは、空き家を管理する手間から解放されることです。空き家を所有していると、建物や庭の管理を定期的に行う必要があり、放置してしまうと近隣住民や役所から苦情が来てしまいます。平成26年に制定された「空家等対策特別措置法」では、状態の悪い空き家を「特定空き家」に指定し、改善の勧告や命令ができるだけでなく、罰金刑や行政代執行(行政が所有者の承諾を得ずに建物を解体し、その費用を所有者に請求すること)などが行われる可能性まであるのです。特定空き家に指定されてしまった場合、建物を解体することが最も確実な解決方法となります。

また、不動産を売却する際も建物を解体しておくことはメリットがあります。一般的に老朽化した建物が建っている土地より更地の方がより早く、より高く価格で売却することができるためです。不動産の購入を検討している方にとって、老朽化した空き家が建ったままの場合、建物の解体にかかる費用や時間、手間を負担しなくてはなりません。そのため、更地で販売されている土地よりも、古家付といって老朽化した建物が建ったままの状態で販売されている土地の方が、売却までに時間を要し、また売却価格も低くなってしまう傾向があります。

ただ、空き家の解体を積極的に行う方はまだ少数派です。そのため、空き家対策の一環として空き家の解体に補助金を出している自治体もあります。首都圏では住宅の解体費用は100~200万円程度かかる場合が多いですが、最大でその半額を補助する制度もあります。空き家の解体を検討する際は、利用できる制度が無いか、その空き家が所在する役所で事前に確認してみてください。

▲このページの先頭へ戻る

建物を解体するデメリット

建物の老朽化

不動産を所有していると固定資産税と都市計画税という税金がかかります。空き家を含めて住宅用家屋が建っている場合、土地に係る固定資産税は最大1/6、都市計画税は最大1/3に軽減されています(住宅用地の特例という制度です)が、建物を解体をするとその制度が適用されなくなるため、税金が上がってしまうのです。

しかし、平成26年に「空家等対策特別措置法」が制定され、「特定空き家」に指定された場合はこの住宅用地の特例が適用されなくなりました。特定空き家とは、倒壊の危険性が高い、衛生環境上に問題があるなど、近隣への被害を発生させている空き家などです。そのため、特定空き家を所有している場合、建物を解体することの税制上のデメリットは無くなりました。

▲このページの先頭へ戻る

建物解体の費用

建物の解体費用は空き家の場所、規模、構造により大きく異なります。下記はあくまで目安の費用であり、当センターが解体費用を保証するものではありません。また、空き家の解体費用に補助金を出す自治体(東京都足立区など)もあるため、解体に関する助成金がないか、空き家が所在する役所に直接お問合せください。

建物構造 1坪あたりの費用
木造 40,000円
鉄骨造 60,000円
鉄筋コンクリート造 70,000円
浄化槽 50~80万円(1個あたり)

▲このページの先頭へ戻る

行政代執行による建物解体

埼玉県所沢市で空き家・空き地の管理に関する条例が制定されてから、全国各地の自治体で同様の条例が制定されています。度重なる勧告・命令を無視して適切な空家管理をしない悪質なケースでは、自治体による「行政代執行」による解体が行われるケースがあります。行政代執行とは、義務者(この場合は空き家所有者)に代わり、行政がその義務(この場合は建物解体)を行い、その費用(この場合は解体費用)を義務者に請求するというものです。全国的に空き家の適正管理に関する条例の中に行政代執行に関する規程を盛り込む自治体が増えてきています。

また、平成26年11月に制定された「空家等対策特別措置法」では、「特定空き家」に指定した空き家に対して勧告・命令を行い、改善されない場合は行政代執行を行うことができると明記されました。今後、特定空き家に指定された管理状態が悪い空き家は、空家等対策特別措置法に則り、各自治体による行政代執行が行われ、その解体費用が請求される可能性があります。

空き家を解体した実例一覧

空き家・空き地に関する無料相談は全国各地から承ります。お気軽にお電話ください。
0120-336-366 【受付時間】9時~18時(年中無休)

【空き家解体】関連ページ


空き家の管理・活用など無料相談承り中!0120-336-366 【受付時間】9時~18時(年中無休) お気軽にご相談ください|お問い合わせ

▲このページの先頭へ戻る

やっぱり解体せずに…他の方法を見てみる
解体後、どんな活用方法があるの?

▲このページの先頭へ戻る

メニュー