空き家管理・活用・相続のご相談
フリーダイヤル:0120-336-366
【受付時間】9時~17時

閉じる ×

空き家管理サービス/活用相談 岡山市の対応エリア

所有する空き家の所在地をクリックしてください。

○:サービス対応中 △:一部対応中 ×:未対応

管理サービス 活用相談
100円
管理
しっかり
管理
北区
中区
東区 × ×
南区

岡山市に空き家を所有されているみなさまへ

岡山市も空き家・空地に関する事柄が議会の中で質問等の動きとして出てまいりました。
空き家の増加に伴う治安や景観の悪化が全国的に問題となる中、岡山市空き家管理条例(仮称)を2015年中に市議会へ提案する予定となっております。

統計によると、岡山市の空き家の現状は、空家数約5万5千戸(住宅総数の15.7%を占める)で、全国平均と比較して高い水準となっています。

中でも管理、処分方針未定の空き家が4割、その3分の1以上は老朽化が進んでいたり、破損があったりする、とのデータが国土交通省より発表されています。今後人口減少、高齢化社会を考慮すればますます空き家・空地の個々の問題は深刻になってきており、空き家対策を具体的に取り組んでいく必要があります。

そこで、当センターでは、「100円管理」「しっかり管理」といった空き家の管理サービスを提供しています。毎月、前月の空き家の状態と比較し雨漏りや破損している箇所がないかどうか、所有不動産の状況を写真付で報告させて頂きます。

また、空き家を使った活用方法(売却、賃貸、解体、リフォーム)など、ご相談者さまの意向に寄り添い、岡山市の地域性に合ったご提案をさせて頂きます。まずはお気軽にご相談ください。

空き家管理サービス

当センターでは、空き家・空地の管理が高額で業者に管理をお願いしたくてもできない!という声から、月額100円で気軽に頼める「100円管理」を提 供しています。また、将来は自分が住むかもしれない、賃貸戸建てとして人に貸すかもしれない、といった方向けに「しっかり管理」の2種類をご用意しています。

岡山市の空き家に関する行政の取り組み

■自治体の条例
2015年中に「市空き家管理条例(仮称)」を市議会へ提案。早期の策定に向け関係各課によるプロジェクトチームが設けられた段階。空き家の定義、立ち入り調査や撤去命令を実施する際の基準などを盛り込む。

■助成金制度
老朽危険空き家の除却を考えられている方は・・・

◇空き家適正管理促進モデル事業(除却)
補助事業の工事等に要する金額の3分の1を補助します。(千円未満切捨て)
上限額:50万円

お持ちの空き家の診断やその空き家をリフォームして活用したい場合は・・・
◇空き家適正管理促進モデル事業(空き家診断)
【耐震診断等】
耐震診断
200平方メートル以下の場合 一般診断 4万円(定額)
200平方メートルを超える場合 一般診断 5万円(定額)
補強計画
200平方メートル以下の場合 一般診断 2万8千円(定額)
200平方メートルを超える場合 一般診断 3万5千円(定額)
上記を精密診断で行う場合は、対象事業費×2/3(上限額は8万4千円)
【劣化診断】
劣化診断/6万円(定額)

◇空き家適正管理促進モデル事業(リフォーム)
市内の施工業者による居住用部分の工事で、下記に掲げるもの
(1)「耐震改修等」 「バリアフリー改修」 「省エネルギー改修」のいずれかを含むリフォーム工事(経費の合計額が50万円以上のもの)
(2)附帯工事(家財道具等の搬出処分、屋内外の清掃)

■支援制度
・相談窓口を設ける:都市整備局住宅課 計画係086-803-1466
・「住まいるダイヤル」 0570-016-100
空き家情報バンク制度(岡山市に移住・定住するための情報サイト)

■自治体独自の取り組み
・岡山県県民生活部 中山間・地域振興課:「おかやま晴れの国ぐらし」・・・岡山市空き家情報バンクや民間団体の住宅・土地物件情報サイトとリンク
・岡山県産材利用住宅助成事業:新築・増築・リフォームに対して、県産乾燥材を使用してものに対して補助金交付

空き家に関するお悩み、お困りごとなら
空き家相談窓口へ
お気軽にご相談ください

先頭へ戻る
先頭へ戻る